デザイナーズ住宅を選ぼう|自分好みにできる

お家

こだわりの家造りなら

レディ

家を建てようとした時に、おそらく一度は目にする言葉として、デザイナーズ住宅という用語があります。デザイン住宅、デザイナーズハウスなどと表記されている場合もありますが、その意味する範囲は極めて広いものです。使われ方も、注文住宅とイコールの場合や、外観デザインが特殊な家を指す場合、土地の形状などの特殊条件に対応した建物をそう呼ぶ場合、はたまた内装にこだわりがある場合など、使う側によって違うのが現状です。明確な定義は存在していませんので、デザイナーズ住宅が欲しいと思ったら、まずは自分の希望が何であるかをはっきりさせることが重要です。それにより、依頼先も変わってきます。例えば、特に土地や生活様式に関する制約がなく、外観や内装をオシャレに個性的にしたい、という希望であれば、意匠設計が専門の設計事務所などを選べば、一般的でないデザイン性を提示してもらいやすくなります。こうしたところが提案してくれるのは、作家の作品としてのデザイナーズ住宅であることが多いからです。設計事例などを公開しているところがほとんどなので、自分の好みに合ったデザインを提案しているところを選ぶとより確実です。ただ、建築設計事務所の場合は、展示場などを持っていない場合があります。そのため事前に具体的な実例を確かめたい、イメージがどうしても湧きにくいという時は、ハウスメーカーや工務店など、実際に展示場を見られるところを選ぶといいでしょう。デザイナーズ住宅という用語のみに惑わされず、自分の納得のいく形で住宅デザインを追求するのが最も大切なことです。