デザイナーズ住宅を選ぼう|自分好みにできる

積み木

自分だけの家を建てる

デザイナーズ住宅を作りたいと思ったら、自分に必要な家をデザインしてくれる建築設計事務所やハウスメーカーを探すことが大切です。業者の特徴を把握して、自分の好みに合った家造りを行なう業者に依頼しましょう。

一軒家

機能性の高い家

デザイナーズ住宅の中には、外観が美しいだけでなく、住む人が住みやすいように機能的に作られたものがあります。一般的な賃貸住宅より賃料が高くなる傾向はありますが、満足のゆく物件を借りることができるでしょう。

ASSOCIATED LINK

  • デザイナーズ住宅メーカー

    詳細を拝見しておくことができるので、デザイナーズ住宅の内容を確認しておきたいと思っているならこちらを見てみよう。

家を建てる方法の一つ

住居模型

家を購入する際、建売ではなく自分の希望通りに作ってもらうのが、注文住宅です。その中でも、建築家やデザイナーに依頼し、素人の希望を実際に住める形にしてもらう家を、デザイン住宅、デザイナーズ住宅と言ったりします。デザイナーズ住宅と言うと、見た目も内装も個性的な自分だけの家を作りたいという人が注文するもの、というイメージがあります。もちろん、それも重要な点です。しかし、デザイナーズ住宅のメリットはそれだけではありません。例えば、家を建てたい土地が細長かったり三角形だったりと、いわゆる普通の形の家が建てられない形状であった場合、建物に必要な建築基準を満たしながら特殊な形に合わせるのは、プロの設計でなければ不可能です。また、子どもと介護が必要な高齢者が同居しなければならない、ペットが多いので生活空間を分けたいなど、特に希望や制約がある場合もあります。そうしたひとりひとりの状況への対応を可能にするのが、注文住宅、デザイナーズ住宅といったオーダーメイドの家づくりの最大の特長なのです。そして、デザイナーズ住宅を注文する際によく考えるべきなのは、どんな会社、どんなデザイナーに依頼するかということです。オーダーメイドですから、依頼すればどんなことでも対応はしてもらえます。しかし、会社やデザイナーによって、得意な建築やデザインというものは存在します。実際の建築事例を見たり、見積もりや相談をしたりして、自分の希望にぴったりの家を作ってくれる相手をよく見極めましょう。

レディ

こだわりの家造りなら

デザイナーズ住宅という言葉は、かなり広義に使われています。家をデザイナーズ住宅にしたいと思っても、何となくで選ぶと希望通りにならない可能性もあります。自分の希望を明確にし、言葉にこだわるのではなく、デザインの内容をしっかり吟味して依頼することが大切です。